緑化ブログ

その時、緑が動いた! ~建築物以外が緑化されるとき~

カテゴリー:屋上緑化 2011年07月27日

現在、トーケン大阪事務所には、保水セラミックスパネルを利用して、都市のあらゆる場所を緑化したイメージ・ジオラマがあります。ものとして大きい分、建物の屋上・壁面の緑化が目立つのですが…実は、緑化された自動車も走っています。

 

2011.07.27ジオラマ.JPG 

個人的な感想を言うと、ジオラマの中で、自動車緑化のリアリティは、正直、薄いものでした。

 

ですが…先日、ニュースを知って驚きました。筑波で自動車のルーフを緑化する方法を開発中と言うではありませんか!!緑化部分は積載物扱いとなり、車検も通るのだとか。調べてみると、個人から企業に至るまで、様々なレベルで、自動車の緑化技術の開発・実験が行われているようです。

 

実用段階に至るまでは、まだ問題は山積みだと思います。しかし、ジオラマにある通り、緑化された自動車が街中を走るのを目にする日が、そう遠くないうちにやってくるかもしれませんね。自然と人が暮らす都市との関係は、より近しくなっているように思います。まだ大部分がコンクリートや石で覆われている都市ですが、これからどのように変貌するのか、想像するとわくわくしますね。(ちょっこし、おもし~じ!)

 

今回もご覧頂き、有難うございました<m(__)m>

 

近年問題視されております地球温暖化現象によるヒートアイランド現象やゲリラ豪雨などの環境悪化が指摘され、熱中症や都市型洪水の被害が深刻な問題となっております。

株式会社トーケンの保水セラミックスパネルは優れた保水機能・蒸散機能・断熱性能を有し、ビル屋上・建物・駐車場のみならず、周囲の温度上昇を抑えヒートアイランド現象から都市空間を救う環境建材です。吸水機能・保水機能によりゲリラ豪雨などを一旦貯蔵することにより都市型洪水を緩和します。

保水セラミックスパネルの特長を最大限に活かした屋上緑化基盤(セダム緑化)は、CO2削減に貢献し、ローメンテ・エコな緑化システムです。

この技術が財団法人 都市緑化技術開発機構に認められ『建設技術審査証明(都市緑化技術)』を取得いたしました。

また、保水セラミックスパネルのコケに適した性質を利用した屋上緑化・壁面緑化・室内緑化を開発しました。

 

“屋上緑化のトーケン・壁面緑化のトーケン・セダム緑化のトーケン・コケ緑化のトーケン・芝緑化のトーケン・保水セラミックスパネルのトーケン”を目指します!!

お問合せ 株式会社トーケン 環境事業部 TEL:076-291-8153(受付時間 8:30~17:00 土日祝休み)

メールでのお問合せはこちら