緑化ブログ

セダムってなんだろう

カテゴリー:屋上緑化 2011年10月03日

急に寒くなりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。季節の変わり目は体調を崩しやすいので、気を付けてくださいね。

さて、本日はトーケンの屋上緑化で使用している「セダム」についてお話ししたいと思います。

セダム.jpg

屋上緑化はここ数年で幅広く取り入れられるようになり、緑化といっても芝やセダムやコケなど、植栽の種類も様々です。しかし、屋上緑化と聞くと芝のイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか。そうです。セダムは高性能にも関わらず、まだまだ認知度が低いのです。

セダムとは多肉植物の一種です。多肉植物にはあの「サボテン」がいますね。サボテンと同じで、葉などに水分を貯め込む性質をもっているので、乾燥に強いというわけです。また、塩害にも強いため、海に近い地域の方で屋上緑化を諦めかけていた方には救世主のような存在なのではないでしょうか。

そしてセダムは草丈も低く、刈込みなどの作業も少なく済みます。また、芝などに比べ、少ない土壌・少ない肥料分で緑化を維持することができます。これをトーケンの保水セラミックスパネルとあわせることでローメンテナンスが実現する、と私たちはお伝えさせて頂いております。

ただ、ローメンテナンスというだけで、全く何もしなくて良いというわけではありません。少しでもセダムを気にかけてあげることで、良好な屋上緑化を維持することができます。せっかく緑化を行うなら、長く楽しみたいものですよね。

ではどう気にかけてあげることが良いのか。セダムの四季についてはまた次回お話しします!お楽しみに!

 

トーケンHPトップページ.JPG

 

 

 

 

 

近年問題視されております地球温暖化現象によるヒートアイランド現象やゲリラ豪雨などの環境悪化が指摘され、熱中症や都市型洪水の被害が深刻な問題となっております。

株式会社トーケンの保水セラミックスパネルは優れた保水機能・蒸散機能・断熱性能を有し、ビル屋上・建物・駐車場のみならず、周囲の温度上昇を抑えヒートアイランド現象から都市空間を救う環境建材です。吸水機能・保水機能によりゲリラ豪雨などを一旦貯蔵することにより都市型洪水を緩和します。そして無機質・不燃性という大きな特徴を備えています。

保水セラミックスパネルの特長を最大限に活かした屋上緑化基盤(セダム緑化)は、CO2削減に貢献し、ローメンテ・エコな緑化システムです。

この技術が財団法人 都市緑化技術開発機構に認められ『建設技術審査証明(都市緑化技術)』を取得いたしました。

また、保水セラミックスパネルのコケに適した性質を利用した屋上緑化・壁面緑化・室内緑化を開発しました。

さらに平成23年7月、当社は国土交通大臣より『第13回 国土技術開発賞 地域貢献技術賞』(国土交通大臣表彰)を拝受致しました。これは当社の屋上緑化基盤が建設分野における優れた新技術として、また、地域の課題解決に貢献した技術として評価されたものです。末尾ながら栄誉ある受賞に際して、皆様に心から感謝を申し上げます。

 

“屋上緑化のトーケン・壁面緑化のトーケン・セダム緑化のトーケン・コケ緑化のトーケン・芝緑化のトーケン・保水セラミックスパネルのトーケン”を目指します!!

お問合せ 株式会社トーケン 環境事業部 TEL:076-291-8153(受付時間 8:30~17:00 土日祝休み)

メールでのお問合せはこちら