緑化ブログ

縁の下の力持ち

カテゴリー:屋上緑化 2013年12月12日

先日お見せした常緑キリンソウタイプの屋上緑化ですが、本日はその特徴をお話しさせて頂きます。

本社庇キリンソウ①.jpg

富山大付属①1128.JPG

 

常緑キリンソウタイプの屋上緑化システムでも、基盤として保水セラミックスパネルを使用しています。パネルの断面を拡大しますと…

断面.jpg

幾重にも重なる層に見えます。内部に連続した細かい孔がびっしりと詰まったスポンジのような構造になっています。その細かい孔が微細な空気層となって、夏場は高い断熱効果を、冬場は断熱・保温効果を発揮するのです。また、その構造から吸水性・保水性にも優れており、高い保水能力は、水分が蒸散・蒸発する際に気温を下げる「打ち水効果」をもたらします。

この常緑キリンソウタイプの屋上緑化システムは、保水セラミックスパネルをすべて土で覆うことがないため雑草の発生が大変少なく、省管理を実現しています。緑の効果とパネルの効果をいかんなく発揮する屋上緑化の優等生です。

 

 

 

 

 

 

 

お問合せ 株式会社トーケン 環境事業部 TEL:076-291-8153(受付時間 8:30~17:00 土日祝休み)

メールでのお問合せはこちら