緑化ブログ

屋上緑化で雨を活かす

カテゴリー:屋上緑化 2012年03月05日

こちら大阪では、先週末から久しぶりにまとまった雨となっています。春はもうすぐそこですね。

 

雨が続くと、「タダでわんさか降る雨、何かに使えないのかなぁ」とふと思いませんか?雨といえば、傘をさしていてもなぜかどこかしらが濡れてしまっているとか、お気に入りの靴が濡れてしまうとか、嫌なイメージしかありません。(私は)そんな私でも、豪雨で排水溝に滝のように流れ込んでいる雨水をみると「もったいない」と思ってしまいます。

 

雨水利用は今、全国各地の自治体で活発に行われています。大気汚染の影響の少ない海外の離島では、雨水をろ過して飲料水としているところもあるそうです!

 

そんな中、トーケンはどうかと言いますと…きちんと雨水は有効利用しています!

トーケンの屋上緑化は主にセダムを使用しています。セダムは多肉植物ですから、通常の植物に比べ、あまり水を必要としない性質を持っています。さらに優れた保水性を持つ、独自のセラミックスパネルを使用している為、場所・時期にもよりますが一度雨が降れば約1か月は水を与えなくてもセダム達はお亡くなりにはなりません。ど根性セダムです。…故に「無灌水で屋上緑化」を実現することができたのです!

 

屋上緑化にとって、雨水はとても大事な水資源。季節によってはあまり雨の降らない時期もありますが、天からの恵みを活かすシステムがトーケンにはあるのです!

 

トーケンHPトップページ.JPG

 

 

 

 

 

近年問題視されております地球温暖化現象によるヒートアイランド現象やゲリラ豪雨などの環境悪化が指摘され、熱中症や都市型洪水の被害が深刻な問題となっております。株式会社トーケンの保水セラミックスパネルは優れた保水機能・蒸散機能・断熱性能を有し、ビル屋上・建物・駐車場のみならず、周囲の温度上昇を抑えヒートアイランド現象から都市空間を救う環境建材です。吸水機能・保水機能によりゲリラ豪雨などを一旦貯蔵することにより都市型洪水を緩和します。保水セラミックスパネルの特長を最大限に活かした屋上緑化基盤(セダム緑化)は、CO2削減に貢献し、ローメンテ・エコな緑化システムです。この技術が財団法人 都市緑化技術開発機構に認められ『建設技術審査証明(都市緑化技術)』を取得いたしました。また、保水セラミックスパネルのコケに適した性質を利用した屋上緑化・壁面緑化・室内緑化を開発しました。さらに平成23年7月、当社は国土交通大臣より『第13回 国土技術開発賞』を拝受致しました。これは当社の屋上緑化基盤が建設分野における優れた新技術として評価されたもので、権威ある受賞に心より感謝申し上げる次第です。 “屋上緑化のトーケン・壁面緑化のトーケン・セダム緑化のトーケン・コケ緑化のトーケン・芝緑化のトーケン・保水セラミックスパネルのトーケン”を目指します!!

お問合せ 株式会社トーケン 環境事業部 TEL:076-291-8153(受付時間 8:30~17:00 土日祝休み)

メールでのお問合せはこちら