緑化ブログ

みどりのちから

カテゴリー:屋上緑化 2012年02月09日

昨日も大雪・猛吹雪のニュースを見ました。大阪でも吹雪いていました。私の地元はそれなりに雪が降るので、通学など大変でしたが、雪が降ると音もなく空気がすごく澄んでいた記憶があります。

 

雪が有害物質を吸収しているのかどうかは定かではありませんが、植物が吸収するのはご存知かと思います。この緑化ニュースでは、二酸化炭素を吸収するということは山ほど言ってきましたが、ほかにどんな物質を吸収するか、知っていますか??

 

大気汚染物質である、窒素酸化物と二酸化硫黄 …etc。これらを吸収し浄化する作用があるそうです。また、車の排気ガスなどに含まれる微粉末もクリーンにしてくれるそうなんです!大気に漂うこれらの微粉末は、肺がんやぜんそくなどを引き起こす諸悪の根源なんです。それを何一つ文句言わずにせっせと処理している植物。涙ぐましいものがありますね…。とは言え人間は大気汚染をいきなり食い止めることもできないので、植物の力に頼らざるを得ないのです。

 

植物のありがたみをひしひしと感じながら、屋上緑化や壁面緑化といった動きは改めて大事なんだと思う今日この頃。少しでも共感できた方!ぜひトーケンまでお問い合わせくださいね!

 

トーケンHPトップページ.JPG

 

 

 

近年問題視されております地球温暖化現象によるヒートアイランド現象やゲリラ豪雨などの環境悪化が指摘され、熱中症や都市型洪水の被害が深刻な問題となっております。株式会社トーケンの保水セラミックスパネルは優れた保水機能・蒸散機能・断熱性能を有し、ビル屋上・建物・駐車場のみならず、周囲の温度上昇を抑えヒートアイランド現象から都市空間を救う環境建材です。吸水機能・保水機能によりゲリラ豪雨などを一旦貯蔵することにより都市型洪水を緩和します。保水セラミックスパネルの特長を最大限に活かした屋上緑化基盤(セダム緑化)は、CO2削減に貢献し、ローメンテ・エコな緑化システムです。この技術が財団法人 都市緑化技術開発機構に認められ『建設技術審査証明(都市緑化技術)』を取得いたしました。また、保水セラミックスパネルのコケに適した性質を利用した屋上緑化・壁面緑化・室内緑化を開発しました。さらに平成23年7月、当社は国土交通大臣より『第13回 国土技術開発賞』を拝受致しました。これは当社の屋上緑化基盤が建設分野における優れた新技術として評価されたもので、権威ある受賞に心より感謝申し上げる次第です。 “屋上緑化のトーケン・壁面緑化のトーケン・セダム緑化のトーケン・コケ緑化のトーケン・芝緑化のトーケン・保水セラミックスパネルのトーケン”を目指します!!

お問合せ 株式会社トーケン 環境事業部 TEL:076-291-8153(受付時間 8:30~17:00 土日祝休み)

メールでのお問合せはこちら