緑化ブログ

ヒートアイランド現象がもたらすもの

カテゴリー:屋上緑化 2011年12月01日

昨日の暖かさから今日は一気に寒くなりましたね。それでも平年並みの気温だというので驚きです。

 

ふと「ヒートアイランド現象」について調べてみようと思いつきました。名前からすると夏に気温が高くなるというイメージがあったのですが、「ヒートアイランド現象=都市が郊外よりも気温が高くなること」だそうです。それもそのはず、私たちは一年を通して車に乗りますし、ビルなどでは常に空調が作動しています。その結果、風のない冬の晴れた日でも、郊外との気温差が10℃に達することがあるそうです。気温の上昇、湿度の低下、雲や霧の増加に伴った雷雨の増加も、ヒートアイランド現象に関連しているそうです。

 

ヒートアイランド現象といえば、トーケンの屋上緑化基盤「グリーンビズ-G」にはそれを抑制する効果があることが金沢大学との共同研究結果、金沢工業大学の実証実験で分かっています。基礎として使用している超微多孔保水セラミックスパネルの優れた断熱効果、保水性・蒸発散性による打ち水効果から、気温の上昇を抑え、湿度も上がる。ヒートアイランド現象の緩和の為、都市部の緑化が必要とされていますが、トーケンの屋上緑化もきちんと役目を果たす優れものです。

 

ご興味をお持ちの方は、いつでもお問い合わせください。

 

トーケンHPトップページ.JPG

 

 

 

 

 

近年問題視されております地球温暖化現象によるヒートアイランド現象やゲリラ豪雨などの環境悪化が指摘され、熱中症や都市型洪水の被害が深刻な問題となっております。株式会社トーケンの保水セラミックスパネルは優れた保水機能・蒸散機能・断熱性能を有し、ビル屋上・建物・駐車場のみならず、周囲の温度上昇を抑えヒートアイランド現象から都市空間を救う環境建材です。吸水機能・保水機能によりゲリラ豪雨などを一旦貯蔵することにより都市型洪水を緩和します。保水セラミックスパネルの特長を最大限に活かした屋上緑化基盤(セダム緑化)は、CO2削減に貢献し、ローメンテ・エコな緑化システムです。この技術が財団法人 都市緑化技術開発機構に認められ『建設技術審査証明(都市緑化技術)』を取得いたしました。また、保水セラミックスパネルのコケに適した性質を利用した屋上緑化・壁面緑化・室内緑化を開発しました。さらに平成23年7月、当社は国土交通大臣より『第13回 国土技術開発賞』を拝受致しました。これは当社の屋上緑化基盤が建設分野における優れた新技術として評価されたもので、権威ある受賞に心より感謝申し上げる次第です。 “屋上緑化のトーケン・壁面緑化のトーケン・セダム緑化のトーケン・コケ緑化のトーケン・芝緑化のトーケン・保水セラミックスパネルのトーケン”を目指します!!

お問合せ 株式会社トーケン 環境事業部 TEL:076-291-8153(受付時間 8:30~17:00 土日祝休み)

メールでのお問合せはこちら