緑化ブログ

音楽と一緒に過ごすニューイヤー、春の声・・・。

カテゴリー:屋上緑化 タグ:, , 2016年01月04日

あけましておめでとうございます。

三ケ日も過ぎ、いよいよ新しい一年の始動です。

 

あらたしき年の始めの初春の 今日降る雪の いや重け吉事しけよごと

                                      因幡守・大伴宿禰家持

 

(意 訳) 新しい年の始めに 新春の雪が積み重なるように ますます良い事が重なっていけ!

 

この新春の祈りのような和歌の作者である大伴家持は、この当時「語らぬ歌人」ともいわれるほど

不遇をかこっていたようです。

元旦恒例、ウイーン・フィルの「ニューイヤーコンサート」は、オーストリアがナチスに併合された

直後の1939年が初演とされます。

当時のオーストリア国民の思いを込め、戦後は暗い歴史からよりよい時代への希望をもたらし

ながら、今に至るといわれています。

なるほど明るい陽気な曲が多いです。

 

アンコール最後の二曲は、

《写真①》J.シュトラウスⅡ--屋上緑化・壁面緑化・グリーンビズ・セダム緑化

先ず『美しく青きドナウ

(「ワルツ王」J.シュトラウスⅡ世(子))、

最後は『ラデツキー行進曲

(「ワルツの父」J.シュトラウスⅠ世(父))。

観客の手拍子と共に、なかなか意気が上がり、

また今年一年!!、という気にさせます。

 

 

 

 《ウイーン市立公園のヨハン・シュトラウスⅡ世像》

 

 

このウイーンという都市、ハプスプルグ朝オーストリア帝国の首都。 人口約180万人。

「リンク」とよばれる市街を一周するトラム型路面電車で約35分。

全地区世界遺産のこの街の概要がつかめてきます。 こじんまりとしつつ、究極的に洗練された街です。

 

《写真②》双頭の鷲---屋上緑化・壁面緑化・グリーンビズ・セダム緑化《写真③》ウイーンの街角---屋上緑化・壁面緑化・グリーンビズ・セダム緑化

《王宮・双頭の鷲—ハプスプルグ家紋章》        《ウイーンの街角》

 

この「リンク」で移動したとき小銭が無く乗車券が買えずに困っていたら、運転手さんが口に指をあてて、

黙って乗せてくれました。

その後、奥に座席にいた老婦人が手招きをしています。

「なんじゃいな??」と近づくと、財布から小銭を出してくれます。

また王宮裏のコーヒーハウスでは、若者たちの多くが一杯のカップを置き、ドイツ語で内容は不明ながら

人生や哲学を語っているようです。

コーヒーは、苦み走った味ながら砂糖とは違う芳醇な甘さ。(美味しかった。)

《写真④》ウイーン王宮裏---屋上緑化・壁面緑化・グリーンビズ・セダム緑化

《王 宮 裏》

入ると皇妃エリザベート(シシイ)記念館

 

またウイーン郊外に路面電車でグリンツイングへ。

ベートーヴェンが作曲しながら暮らした街、世紀末のフスタフ・マーラー終焉の地。

昔は田舎だったと思います、ワインの新酒を飲ませてくれる造り酒屋「ホイリゲ」が軒を連ねています。

ジビエ風の郷土料理と一緒に一杯、もう一杯、更に一杯。

そのうち流しの楽団が来て、言葉は不明ながら客同士和気アイアイ、徐々にニギヤカになりました。

《写真⑤》グリンツイング---屋上緑化・壁面緑化・グリーンビズ・セダム緑化

《黄昏のグリンツイングの街》

 

さてと、気分だけでも一足早く春を迎えようということで、ヨハン・シュトラウスⅡ世のワルツ

春の声の一節です。

 

♪・・・・ つらいことはすべて終わって、悩みは消え去り、

痛みは和らいで、幸せを信じる気持ちになる・・・

 

今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

お問合せ 株式会社トーケン 環境事業部 TEL:076-291-8153(受付時間 8:30~17:00 土日祝休み)

メールでのお問合せはこちら