緑化ブログ

越路野たより(冬 暦)~迷いと悟り~

カテゴリー:屋上緑化 2015年01月05日

従前の暖冬の予想に反し、ここ越路野は12月~年末年始にかけて、例年より荒れ模様。

北陸はこの季節、雲低く重い雪が舞い落ちながら、日が暮れていきます。[2014.01.13]-015

都にも 時雨やすらむ 越路には 雪こそ冬の初めなりけり

(宗良親王)

日照時間は全国的に最も短い傾向があり、気分が滅入ることもあります。

こうした時、ある植物を見ます。

そこには一つの小宇宙、ミクロで見ると今まで気付かなかった

景色が楽しめます。

 

雪の中に耐えるセダムの姿を見て下さい。

セダム個々の周囲の雪が少し溶け、あたかも小さいながら[2014.01.13]-009

雄々しく厳しい冬に抗うかのような風情に・・・。

 

そこには、人間のような迷いの姿はありません。

愚直な姿に多くを学ばされます。

 

★源光庵(京都市)

(右) 迷いの窓

(左) 悟りの窓

源光庵 迷いと悟り

お問合せ 株式会社トーケン 環境事業部 TEL:076-291-8153(受付時間 8:30~17:00 土日祝休み)

メールでのお問合せはこちら