緑化ブログ

夏場の運搬

カテゴリー:屋上緑化, 維持管理 メンテナンス タグ: 2014年06月23日

屋上緑化「グリーンビズ-G」では、6月から10月の夏の期間は、特別な措置を行って屋上緑化基盤の運搬をしています。

特別な措置というのは、保冷車による運搬です。

 

P0623-1.jpg

 

なぜ保冷車?保冷車なんて使わなくても、と思われるかもしれませんが、保冷車を使うことはセダムの良好な状態を保つため、非常に重要なことなのです。

屋上緑化基盤の荷姿は、何枚も基盤を重ねた状態です。

基盤を重ねることで、夏場には高温による蒸れが発生し、植物が傷んでしまうことがあります。

植物の傷みを防ぎ、より良い状態で提供するために、運搬時のストレスを少なくする必要があります。

そのために、保冷車の使用は欠かせないのです。

 

生まれ育ったところを離れ、新たな環境に早くなじめるよう、運搬にも色々な工夫をしています。

気になることなどありましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問合せ 株式会社トーケン 環境事業部 TEL:076-291-8153(受付時間 8:30~17:00 土日祝休み)

メールでのお問合せはこちら