緑化ブログ

ものつくり村から・・・ 【5話】 粘土って生き物? ~杯土の不思議

カテゴリー:保水セラミックスパネル タグ:, 2015年03月19日

こんにちは。

グリーンビズ基盤の製造工場からの便りです。

 

工場には工場長、圃場には圃場長、本社には編集長がいます。

この3長は、目には見えない極めて細い糸で繋がって(繋がれて)いて、「グリーンビズ-G」を支えています。

実はこの3人、「酔拳」の使い手です。

酒類を見るだけで酔っ払う「パブロフの犬」型、飲めば飲むほどの「アップグレード」型、

シラフなのか酔っ払っているかわからない「昼行灯」型とそれぞれ個性があります。

誰がどの型の使い手なのかは、近々アップされる予定の「編集長日記」であきらかとなることでしょう。

 

さて、本題です。

前話で原料調合の「レシピ」についてご紹介しましたが、調合した原料に水を加えて、よく

練り上げたものを「杯土(はいど)」と呼んでいます。

この杯土の「コシ」の具合が、良いグリーンビズ基盤をつくるための決め手のひとつになります。

「コシ」は、蕎麦など麺類の「コシ」と同じ意味合いで、弾力や粘り強さを表します。

工場では混練機と呼ばれるけっこう大きな機械で、時間をかけて練り上げていますが、

同じレシピ・調合かつ同じ時間の練り上げであっても、「コシ」に違いが出てきます。

 

保水セラミックスパネル,グリーンビズ

 

季節や温度、水分の違いも要因として考えられますが、工場の面々は「粘土は生き物」として向き合うことにより、

いつも最適な「コシ」が出るよう調整に励んでおります。

「コシ」を数値的に表す測定器具もありますが、面々は触れただけで具合が判るようです。

 

次回は、杯土を板状にする「粘土原板 ~成形と乾燥」です。

みなさま、お楽しみに!

編集長日記もね...。

 

関連リンク: 保水セラミックスパネル「グリーンビズ」

屋上緑化システム「グリーンビズ-G」

保水セラミックスパネル「グリーンビズ」のページに

「保水セラミックスパネルご紹介」 映像を新たに公開致しました。ぜひご覧ください。

お問合せ 株式会社トーケン 環境事業部 TEL:076-291-8153(受付時間 8:30~17:00 土日祝休み)

メールでのお問合せはこちら