緑化ブログ

ものつくり村から・・・ 【3話】 基盤ができるまで ~総合工程紹介

カテゴリー:保水セラミックスパネル タグ: 2015年02月09日

こんにちは。

グリーンビズ基盤の製造工場からの便りです。

編集長に「次もあるの?」と問い合わせたところ、シリーズ化?の話に

発展しているようです。

 

前回の【2話】では、グリーンビズ基盤は「泡構造」をもったセラミックス

とご紹介しましたが、今回からその「ものづくり」についてご紹介します。

 

さて、時々「セラミックス」ってなんですか? という質問があります。

ちょっとむずかしくお答えすると、

「金属や非金属を問わず、無機物を高温で焼き固めた焼結体です。」

となります。

簡単にすると「お茶碗のような陶磁器、粘土を焼き上げたもの」です。

グリーンビズ基盤も基本的には「板状の粘土」を焼き上げたものになります。

製造工程は、大きく分けて次の主要10工程となります。

 

   原材料加工  →  原料調合  →  原料混練  →  真空土練 

 →  板状成形  →  乾  燥  →  焼  成  →  冷  却 

 →  切断加工  →  表面加工 

 

各主要工程はさらに5~10の詳細工程に《写真》セラミックス「グリーンビズ」焼成-断熱効果・保水性・緑化ブログ-セダム緑化・屋上緑化・薄層緑化-

分かれますので、グリーンビズ基盤の製造工程は、

実はけっこう複雑です。

その中での花形は、やっぱり1,000℃以上の

高温で焼き上げる「焼成」でしょうか...。

 

 

 

《グリーンビズ基盤の焼成》

 

で、どこで「泡構造ができるのだろうか?」と言う素朴な疑問が沸いてきますよね。

その疑問にお答えするため、いよいよシリーズ連載の始まりです。

次回は、「謎のレシピ ~原料の調合」です。

みなさま、お楽しみに!

 

編集長、シリーズ化大丈夫ですよね...?

 

>はい。もちろんです!

それと、興味を持たれた方はぜひこちらもご覧ください。

 保水セラミックスパネルの特長

 

 

お問合せ 株式会社トーケン 環境事業部 TEL:076-291-8153(受付時間 8:30~17:00 土日祝休み)

メールでのお問合せはこちら