緑化ブログ

「PVエキスポ2016に行ってきました」

カテゴリー:太陽光発電 ソーラー タグ:, , 2016年03月25日

だんだんと気候も温暖になり、「春」を感じられるようになってまいりましたが、この時期「花粉」に悩まされている方も
多いのではないでしょうか。

 

私もその一人で、ここ10日間ほど「ティッシュペーパー」が手放せない状態に陥っております。以前は「花粉」に悩まされることはあまり無かったのですが、ここ数年「症状」が徐々にひどくなっているように感じます・・・。

 

「体内の抵抗力や免疫力」が少なくなってきているのでしょうか・・・。

 

花粉症は体内の心身のさまざまな「バランス」がくずれたときに免疫反応が過剰になり

その過剰な抗体が放出され、炎症がおこると花粉症になってしまうそうです。

 

ようするに「過労や精神的ストレス」による自立神経のバランスが崩れた状態が長く続くと症状が出やすくなるそうです。
・・・まさに現代病ですね。

 

また「地球温暖化」の影響もあるようで、大気中の二酸化炭素濃度が2倍になると、花粉飛散量が4倍になる花粉の種類も
あり、二酸化炭素濃度が高くなれば花粉量が増えるという実験結果も報告されているそうです。

 

「地球温暖化」は人類が何をさておいても、気温上昇を抑制するための対策を緊急に講じていかなければならない問題だと
思います。

 

考え過ぎかもしれませんが、今期の「異常暖冬」は「何かの前ぶれ」のような気がしてなりません。「花粉症」程度であれば、それと「共存」していくことは可能であるかもしれませんが、人間の変化対応力をはるかに超える「影響・環境」では、共存どころか生存ができなくなってしまします。

 

これからさまざまな「危機」が人類に降りかかってくるかと思うと、今その「危機」を最小限に抑制するために「できること」「やらなければならないこと」を常に危機感を持って、最大限に展開していかなければならないと思っています。

 

話はかわりまして、

東京ビックサイトで3月初旬に開催されていました「PVエキスポ2016」に行ってまいりました。

1 トーケン 太陽光 太陽光発電 ソーラー ソーラー発電

2 トーケン 太陽光 太陽光発電 ソーラー ソーラー発電3 トーケン 太陽光発電 ソーラー発電

昨年の出展企業数は約2050社で昨年と比べると今年は約30%減の1430社の出展となっていて、特に「太陽光発電分野」の
ブースは国内企業が減って、海外企業が多くなってきているようで、「産業用ソーラー部門」は海外勢が多く「住宅用ソーラー部門」は国内企業が多い印象でした。

 

全体的な感想は「環境エネルギー関連市場」はやはり巨大で、いろいろな分野・事業に「環境」が波及し、これからも国の方針や政策の下「この市場」は多方面に普及拡大・拡散していく可能性が高いと感じました。今回のこの貴重な体験を自部門の事業戦略及び営業方針へ落とし込み、活かしてしていきたいと思います。

 

最後に、記録的な暖冬の影響で全国的に「桜」の開花日は例年よりも早いところもあるようですが、石川県金沢市では今のところ昨年とほぼ同じ時期のようです。

 

当社の今年の新入社員は3名で、全員「工務部」配属となるようです。

私も新入社員時の配属は「工務部(建築部)」でした。辛い時もありますがやりがいのある仕事だと思いますので是非ともがんばっていただきたいと思います。

お問合せ 株式会社トーケン 環境事業部 TEL:076-291-8153(受付時間 8:30~17:00 土日祝休み)

メールでのお問合せはこちら