緑化ブログ

ものづくり村から・・・Season2 【4話】 開発秘話! 発泡セラミックスの秘密

カテゴリー:保水セラミックスパネル タグ:, , 2015年10月01日

こんにちは。

グリーンビズ基盤の製造工場からの便りです。

 

さわやかな秋晴れが続き、朝夕がめっきり涼しくなりました。

ここまでなんとかもちこたえている「ものづくり村からSEASON2」ですが、「ニューフェイス」の登場

もあり、今後に少し寒さを感じる今日この頃です。

「秘話シリーズ」は、本来あるべき話題に方向転換です。

 

屋上緑化や壁面緑化に使われている保水セラミックスパネル「グリーンビズ基盤」は、別名「発泡

セラミックス」と呼ばれています。

前シリーズでは、「泡構造をもったセラミックス」として、その製造方法についてご紹介しましたが、

そもそも何故この素材が開発されたのか...?

今回はその謎に迫ります。

 

さて、世の中には「ごみ」が溢れています。

家庭から出る「ごみ」は一般廃棄物と呼ばれ、国の統計では一人あたり1日の排出量は約1kgだそうで、

人口10万人の都市では1日100トンの「ごみ」が家庭から出ている計算となります。

 

皆さんは「燃えるごみ」と「燃えないごみ」をちゃんと分けて捨てていると思いますが、一般的には

「燃えるごみ」は『焼却場』で燃やして処分されますし、「燃えないごみ」は『埋立場』で文字通り

埋め立て処分となります。

して、「燃えるごみ」は全て燃えてしまって何も残らないのでしょうか?

いいえ、燃え尽きても「焼却灰」が残るのです。

これが結構な量でして、多いときは全体の1割が「焼却灰」として残ってしまいます。

では、「焼却灰」とはいったい何なのでしょうか?

 

基本的には「燃えないもの」が「焼却灰」として残りますが、その主成分を調べると「SiO2-CaO-Al2O3

となります。

これって何かと言いますと、実は「土」と同じ成分なのです。

「土」と同じなら「燃えないごみ」としてそのまま埋め立てればよいと思った方、そうはいきません!

「焼却灰」には、「ダイオキシン類」とか「重金属類」という結構身体に悪い物騒なものが含まれていて、

簡単には「埋め立て処分」が出来ない厄介者なのです。

ちなみに、「ダイオキシン類」は800℃以上の温度に熱してやれば分解して無害になりますし、「重金属類」

も周りをガラスやプラスチックのようなもので密封してしまえば、流れ出したり身体に付着したりする

ことはありません。

 

ここで「セラミックス」ってなに?ということをおさらいしますと、

「金属や非金属を問わず、無機物を高温で焼き固めた焼結体」、「粘土を1,000℃以上の高温で焼き上げたもの」

となります。

 

そこで、ある技術者は考えました。

「粘土」の代わりに「土」と同じ成分の「焼却灰」を使えないだろうか?

「焼却灰」の中に含まれる「重金属類」をガラス質に封じ込めて、構造原料として使えないだろうか?

1,000℃以上の高温で焼き上げれば「ダイオキシン類」は分解されて無害化できる!

そうすれば、厄介者の「焼却灰」も立派に役立つことが出来るはず!

 

ということで、この技術者は「厄介者の焼却灰」の再生に懸命に取り組み、「発泡セラミックス」の開発に

成功しました。

「発泡セラミックス」の原点は、「焼却灰」の無害化・再資源化のために生み出された技術なのです。

 

20151001_発泡セラミックス断面

 

 

 

その開発の背景には、家族等から「燃えない粗大ごみ」とか「そこに居るだけで厄介」などと言われていた

技術者の寂しさと、再生へ向けての強い思いと執念がありました。

 

次回は、「【5話】 なぜ使う? バイオマスケイクの秘密」です。

噂の『ジャイアン』情報ですが、その名の通りちょっと「デカイ」らしいですよ。

みなさま、お楽しみに!

お問合せ 株式会社トーケン 環境事業部 TEL:076-291-8153(受付時間 8:30~17:00 土日祝休み)

メールでのお問合せはこちら