緑化ブログ

セダム緑化の夏

カテゴリー:屋上緑化 2012年07月31日

暑いですね!

 

何と言ってもこの一言に尽きます。皆様いかがお過ごしでしょうか。先週一週間で熱中症で搬送された人の数、なんと8600人を超えたそうです。日に日に暑さは増すばかりですが、屋外で作業をされる方はもちろん、室内でも熱中症になることはあるそうなので、皆様お気を付け下さい!

 

さて、本日はそんな暑さもなんのその。屋上緑化で使用している「セダム」について少しお話を。過去に何度もセダムについて記載していますが、もう一度言います。

 

セダムは多肉植物です。

 

故に、耐乾性・耐暑性に優れています。うらやましいですね。しかしそんなセダムでも、一年のうち夏は衰退期となります。人も過ごしやすい季節の春と秋が成長期・最盛期なのですが、その時期に比べると少し元気はなくなります。

 

ひとつ覚えて頂きたいこととしては、セダムは高温多湿時の「蒸れ」に弱いという点です。夏場のセダム緑化の場合、昼は気孔を閉じて水の蒸散を防ぎ、夜は開きCO2を吸収するので日中の水遣りは厳禁です!!日中に水をあげてしまうと、蒸れによって部分的に枯損してしまうことがあるのです。

 

「部分的に枯れる=密度が低下する」ことになりますので、セダム緑化の美しさが半減。。なんとももったいないですよね。水やりを行うならば、比較的、水の温度があがりにくい早朝、もしくは夕方以降に行ってください。炎天下の中、かわいそうになってついつい水をあげたくなる気持ちもわかりますが、そこは心を鬼にしてグッとこらえてくださいね。秋にはまた活き活きとした姿を見せてくれますよ。

 

 

トーケンHPトップページ.JPG

 

 

 

 

 

 

近年問題視されております地球温暖化現象によるヒートアイランド現象やゲリラ豪雨などの環境悪化が指摘され、熱中症や都市型洪水の被害が深刻な問題となっております。株式会社トーケンの保水セラミックスパネルは優れた保水機能・蒸散機能・断熱性能を有し、ビル屋上・建物・駐車場のみならず、周囲の温度上昇を抑えヒートアイランド現象から都市空間を救う環境建材です。吸水機能・保水機能によりゲリラ豪雨などを一旦貯蔵することにより都市型洪水を緩和します。保水セラミックスパネルの特長を最大限に活かした屋上緑化基盤(セダム緑化)は、CO2削減に貢献し、ローメンテ・エコな緑化システムです。この技術が財団法人 都市緑化技術開発機構に認められ『建設技術審査証明(都市緑化技術)』を取得いたしました。また、保水セラミックスパネルのコケに適した性質を利用した屋上緑化・壁面緑化・室内緑化を開発しました。さらに平成23年7月、当社は国土交通大臣より『第13回 国土技術開発賞』を拝受致しました。これは当社の屋上緑化基盤が建設分野における優れた新技術として評価されたもので、権威ある受賞に心より感謝申し上げる次第です。 “屋上緑化のトーケン・壁面緑化のトーケン・セダム緑化のトーケン・コケ緑化のトーケン・芝緑化のトーケン・保水セラミックスパネルのトーケン”を目指します!!

お問合せ 株式会社トーケン 環境事業部 TEL:076-291-8153(受付時間 8:30~17:00 土日祝休み)

メールでのお問合せはこちら