緑化ブログ

『2011NEW環境展』にトーケンの屋上緑化基盤などを出展中 その2

カテゴリー:イベント 2011年05月25日

5/24~5/27の期間中、東京ビッグサイトで開催されている『2011NEW環境展』に出展しています。
2011.05.25環境展.JPG←2011NEW環境展の様子

環境問題に取り組む、様々な企業がブースを構えています。政府による「節電目標15%」提言を受けて、省エネに注目が集まっています。

(株)トーケンが扱う保水セラミックスパネルは、断熱性能と打水効果により、建物に伝わる熱を抑制し、省エネに貢献します。

敷設した直下階では、夏場は81%の熱流入を、冬場は45%の熱流出をカットします。

そして、本展示会より保水セラミックスのコンセプトを大きく3つに分けて紹介しています。

まずはこれまで扱ってきた屋上緑化システムは

1.グリーンビズ ルーフに名称が変わりました。グリーンビズ ルーフ(屋上緑化).JPG

そして新たに加わったのが、2.グリーンビズ ウォール(壁面緑化)
グリーンビズ ウォール(壁面緑化).JPG
 

3.グリーンビズ グラウンド(強化保水セラミックス)
 
グリーンビズ グラウンド(強化保水セラミックス).JPG
 
 です。

グリーンビズ ウォールは、保水セラミックスと「ミズゴケ」「ハイゴケ」を組み合わせた、循環型次世代コケ壁面緑化システムになります。

また、グリーンビズ グラウンドは、歩道や駐車場での使用を想定した保水性のあるインターロッキング建材です。

昨日も設計事務所やゼネコンなどの建設関係の方、ビルのオーナーや不動産開発の方などたくさんの方に、足をお運びいただきました。

「ここまで保水性と強度を持ち、用途が広い建材を知らない」という言葉を、大手ゼネコンの方よりいただいたりもしています。

一人でも多くの方に、知っていただきたいと思います。御見積依頼もたまわりますので、お近くの方は、是非、足をお運びくださいませ。

 

近年問題視されております地球温暖化現象によるヒートアイランド現象やゲリラ豪雨などの環境悪化が指摘され、熱中症や都市型洪水の被害が深刻な問題となっております。株式会社トーケンの保水セラミックスパネル「グリーンビズ」は優れた保水機能・蒸散機能・断熱性能を有し、ビル屋上・建物・駐車場のみならず、周囲の温度上昇を抑えヒートアイランド現象から都市空間を救う環境建材です。吸水機能・保水機能によりゲリラ豪雨などを一旦貯蔵することにより都市型洪水を緩和します。保水セラミックスパネルの特長を最大限に活かした屋上緑化基盤「グリーンビズ-G」(セダム緑化)は、CO2削減に貢献し、ローメンテ・エコな緑化システムです。この技術が財団法人 都市緑化技術開発機構に認められ『建設技術審査証明(都市緑化技術)』を取得いたしました。また、保水セラミックスパネルのコケに適した性質を利用した屋上緑化・壁面緑化・室内緑化を開発しました。

“屋上緑化のトーケン・壁面緑化のトーケン・セダム緑化のトーケン・コケ緑化のトーケン”を目指します!!

お問合せ 株式会社トーケン 環境事業部 TEL:076-291-8153(受付時間 8:30~17:00 土日祝休み)

メールでのお問合せはこちら