緑化ブログ

2月、雪の下では… -常緑系キリンソウ編-

カテゴリー:屋上緑化 2014年02月12日

連日、ソチオリンピックが盛り上がっていますね。祝日もありましたが、私は寝不足組です。

 

さて、本日は屋上緑化の見回り報告第4弾「常緑系キリンソウ編」です。

暑さ寒さもなんのその!わが社の見回り隊が、がんばって写真を撮ってきてくれました。

ラモーダ0212-1

 

 

…寒そうです。いつもお知らせしているセダム緑化と違って、枝のようなものが見えますか?

こちらは基盤となる保水セラミックスパネルに穴をあけ、常緑系キリンソウのみを植えたタイプの屋上緑化です。

生い茂るとこんなに綺麗に屋上に緑をもたらしてくれます。

ラモーダ0212-2

 

 

雪に覆われた枝のようなものは、古い茎を木質化させるキリンソウ独特の性質でもあります。

通常のキリンソウは冬期に毎年地上部が枯死しますが、常緑系キリンソウはその名の通り、

秋に出芽した新芽が越冬するため常に緑を楽しむことができます。

近くでみると、こんな感じです。

ラモーダ0212-3

 

 

雪の下でも、新芽は少しずつ成長しています!

お問合せ 株式会社トーケン 環境事業部 TEL:076-291-8153(受付時間 8:30~17:00 土日祝休み)

メールでのお問合せはこちら