緑化ブログ

色づく街角・・・金沢・小景抒情「宵待草」

カテゴリー:保水セラミックスパネル タグ:, , , , 2016年11月21日

11月も半ばとなり、木々も日々、色づいていきます。

ここ金沢でも、冬を前に街に彩りを添える季節となって行きます。

 

①歴史博物館:グリーンビズ・セダム緑化・屋上緑化・薄層緑化・壁面緑化・無灌水②プランターボックス:グリーンビズ・薄層緑化・屋上緑化・セダム緑化・壁面緑化・無灌水

《石川県立美術博物館》       《グリーンビズ-プランター・ボックス》

 

前回の「緑化ブログ」でご紹介したグリーンビズ圃場に加え、保水性を生かしたプランター・ボックス

をご紹介します。

グリーンビズは屋上緑化だけではなく、植物に必要な保水性・通気性・排水性を生かして、テラスや

限られたスペース、またインテリアへの利用もできます。

どうですか? この重厚な質感は。

 

今回も金沢小景、こちらから の続きとなります

「白鷺の湯」横には、夢二と「永遠の女性」笠井彦乃が一緒にここ湯涌温泉

で2ヶ月以上逗留し、その時に描かれた短歌・水彩画を展示する金沢湯涌夢二館があり、夢二の幸福な

ひとときが偲ぶことができます。③宵待草:グリーンビズ・屋上緑化・セダム緑化・薄層緑化・壁面緑化・無灌水

 

待てど暮らせど ぬひとを

宵待草よいまちぐさのやるせなさ

今宵こよいは月も出ぬさうなそうな

 

 

                                《宵待草》

大正ロマンを代表する美人画家・抒情詩人の竹久夢二「宵待草」。

詩情ははかとなく切なく、描く女性はたおやかなでどことなくうれ

を帯び、孤独の漂泊者の心の奥底を表しているかのようです。

 

彦乃とかけがえのない時間を過ごした、夢二の思い出の温泉街、湯涌温泉。④黒船屋:グリーンビズ・薄層緑化・屋上緑化・セダム緑化・壁面緑化・無灌水

その翌年、彦乃は当時の不治の病・結核となり、夢二の傑作《黒船屋》が

完成した直後に病没、年25。

今際いまわのきわの彦乃から夢二への手紙。

「私は静かになれました。 どうぞ心おきのう、

あなたのお仕事を大切にしてください。」

日暮れを待ちかね、月を映して咲き、はかなくも一夜限りで散る、宵待草。

 

 

 

 

《黒船屋》 竹久夢二

秋の夜長、金沢・小景抒情を味わうのも、一興です。

お問合せ 株式会社トーケン 環境事業部 TEL:076-291-8153(受付時間 8:30~17:00 土日祝休み)

メールでのお問合せはこちら