緑化ブログ

私たちが考える屋上緑化の目的

カテゴリー:屋上緑化 タグ: 2014年02月03日

今日は節分ですね。「季節を分ける」という意味もあるそうで、昔は立春・立夏・立秋・立冬の前日を表し、一年に4回あったそうです。

へぇ~ 季節を分ける…ではないですが、建物の寿命を左右する屋上緑化のお話しを少し…。

私たちが屋上緑化を勧める理由の一つに「建物の寿命を延ばす」というものがあります。

マンションやビルの屋上は、強烈な日光・紫外線・雨・風…などなど、季節ごとの厳しい環境下において、大きな影響を受けます。

その影響を受け、年月が経過していくと、劣化してしまうんですね。

今の時期であれば、雪や寒さが建物の劣化を進める要因の一つとなります。

そこで、建物にも服を着せる、というイメージで屋上緑化をすると想像してみてください。

01b三谷産業富樫寮

何もない屋上も…↓↓↓↓↓↓

 

02三谷産業富樫寮

トーケンの屋上緑化で…↓↓↓↓↓↓

 

03三谷産業富樫寮

 

雪や寒さなどのストレスをブロック!!

トーケンの屋上緑化基盤「グリーンビズ-G」では、超微多孔を有する保水セラミックスパネルを使用しています。

そのパネル内部の細かい穴が微細な空気層となって、夏場は高い断熱効果を、冬場は断熱・保温効果を発揮し、建物を守る役目を果たします。

屋上緑化が屋上の温度変動を軽減し、建物の寿命を延ばしてくれるのです。

気になった方は、一度ご相談くださいね!

お問合せ 株式会社トーケン 環境事業部 TEL:076-291-8153(受付時間 8:30~17:00 土日祝休み)

メールでのお問合せはこちら