緑化ブログ

北陸紀行・・・初春の歳時記 『乞食正月』

カテゴリー:その他 タグ:, 2017年01月18日

1月は朔日の『男正月』に始まり、七日の『七草』、十一日の『鏡開き』、十五日の『女正月』

と正月終(しま)いの行事は続き、そしてこの二十日は『奴正月(やっこしょうがつ)』として

正月の祝い納め。

正月にお迎えしていた神様が、各所にお帰りになる日です。

 

①写真: しめ縄

 

この日は、地方によっては、正月用ブリの骨まで食べ尽くすので『骨正月』、弊社所縁の北加賀・

能登の一部地域では『乞食正月』、なんとも不穏な言葉で呼ばれているようで、この日までご馳走

の残りや餅を食べ尽くすといった風習があったようです。

武家では、具足・冑にお供えをして祝い、二十日(はつか)にかけて、『刃束(はつか)正月』

とも呼ばれていたそうです。

因みに慶事において、東の「鮭(サケ)文化」・西の「鰤(ぶり)文化」と言われますが、ここ

北陸地方は金沢の正月料理に欠かせない馴れ鮨の一種「かぶらずし」を見るように圧倒的に「ぶり」。

そしてブリのアラを使ったこれも冬の食彩「ぶり大根」はこの『乞食正月』の名残りかも。

 

「かぶらずし」         「ぶり大根」

 ②写真:かぶらずし③写真:ぶり大根

 

慌ただしい現代、「え?まだ正月なの。」などと、道(い)うを休(や)めよ。

終わったと思っていた新しい年への覚悟や晴れがましさ、その正月の余韻を感じながら、今一度、

この一年に想いを馳せるのも一興、先人の知恵と余裕かもしれません。

お問合せ 株式会社トーケン 環境事業部 TEL:076-291-8153(受付時間 8:30~17:00 土日祝休み)

メールでのお問合せはこちら