緑化ブログ

京都・洛東逍遥、そして丹後紀行・・・大江山 いくの野の道の遠ければ(1)

カテゴリー:その他 タグ:, 2016年05月23日

風薫る五月、青葉が目に染み入る季節です。

弊社の無灌水型屋上緑化「グリーンビズ-G」にも爽やかな新芽の息吹を感じる頃です。

 

♪ 紅萌くれないもゆるおかはな みどり匂うにおうきしいろ
みやこはな嘯けばうそぶけば つきこそかかれ吉田山よしだやま     (旧制三高 逍遥しょうようの歌)

 

先週末は所用で京都に。 金沢から往路は湖東ルート、帰路は舞鶴・若狭ルートでの小旅行。

巡る東山三十六峰、初夏の眩いまばゆい光と新緑が映えます。

祇園八坂・円山公園、ねねの道から高台寺・清水二年坂・三年坂は、本邦・異邦の人々が押しも切らずにお祭りのような賑わい。

あら、″ねねの道″から北方の祇園方面には、祇園祭の鉾のような建物。

大雲院祇園閣、別名は銅閣。かの大倉財閥の大倉喜八郎男爵が、「京都に金閣・銀閣があるなら、銅閣があっても・・・。」として、

昭和初年に建てた旧別邸だそうで、碧空に突き刺さるかのような鉾の風情。

①ねねの道:屋上緑化・グリーンビズ・セダム緑化・薄層緑化・無灌水緑化②祇園閣:屋上緑化・グリーンビズ・セダム緑化・無灌水緑化③天橋立:屋上緑化・グリーンビズ・セダム緑化・無灌水緑化

《ねねの道》                  《祇園閣・銅閣》                  《天の橋立》

 

 

帰路は日本海ルート、ちょっと「日本三景」天橋立あまのはしだてに寄り道。

広島の厳島、宮城の松島、これで日本三景は踏破です

 

***** ちょっと一服 ~ 宮津懐石「山音」にて(1)~ *****④朴の木:屋上緑化・グリーンビズ・セダム緑化・無灌水緑化

丹波・丹後にまたがる大江山。 その山間に宮津懐石「山音」(やまね)

予約がなかなか取れないお店のようですが、縁者の所縁ゆかりで参席します。

玄関に入ると早速、朴の生け木でお出迎え。

あの朴葉味噌・朴葉焼きや下駄の歯の材料、花言葉は「誠意ある友情」とか。

懐石を頂く食前、山椒さんしょう陳皮ちんぴ茴香ういきょうの煎じて混合したお茶が。

漢方では、整腸・健胃・去痰・鎮静の効能があるらしく、五臓六腑ごそうろっぷが浄化・活性化するような気がします。

 

 

 

 

 

《山音・玄関》朴の生け木

まずは八寸。

右は、季節のジュンサイに雲丹を薄口出汁に浮かべた器、中央はタコと胡瓜の黄身酢和え、左はタコ卵そぼろの煮寄せ。 初夏の陽光の中、一陣の風が通り抜けたような気がします。

お酒のリストは横に見やりつつ、アルコール・フリーのビールで我慢。

向付というのでしょうか、お刺身は。

右から、宮津湾の鱧(はも)湯引き・真鯛、そして内海(阿蘇の海?)のトリガイ。

鱧は骨が厚いらしく野趣ある食感、少し出汁が施してあるのかと思える梅肉だれで頂きます。

舌に感じた酸っぱさは、全く抵抗感がありません。

この梅肉だれは真鯛につけても相性がいいのか、十分いけました。

そしてトリガイ。珍しいヒモ付きで、プリッとした弾力性のある身に磯の香が十分楽しめます。

それにしても大きい!!! 貝殻を見せてもらいました。 でかぁ~!!!

 

⑤八寸:屋上緑化・グリーンビズ・セダム緑化・無灌水緑化⑥向付:屋上緑化・グリーンビズ・セダム緑化・無灌水緑化⑦トリガイ殻:屋上緑化・グリーンビズ・セダム緑化・無灌水緑化

①  《八寸-三品》          ② 《向付-お刺身》       ③《お刺身》トリ貝の殻・・でかぁ!

次は椀物から・・・。

 

~~~ 次回(2)に続く ~~~

お問合せ 株式会社トーケン 環境事業部 TEL:076-291-8153(受付時間 8:30~17:00 土日祝休み)

メールでのお問合せはこちら