緑化ブログ

京都・洛東逍遥、そして丹後紀行・・・大江山 いくの野の道の遠ければ(3)

カテゴリー:その他 タグ:, 2016年05月25日

天橋立から南に丹波方面に約20キロ弱。①大江山:屋上緑化・グリーンビズ・セダム緑化・無灌水緑化・薄層緑化

ライダーが喜びそうなワインデイング・ロードを車でひた走り。

ここは、平安初期、源頼光(みなもとのらいこう)とその四天王の物語、

「鬼退治」の酒呑童子(しゅてんどうじ)で名高い鬼の里。

周囲は、山・山・山・・・、携帯電話は範囲外。

怖いとはとてもいえない、ゆるキャラ系の青鬼・赤鬼が、そこかしこに。

《大江山》

大江山おおえやまいく野の道の 遠ければ

まだふみもみず 天の橋立

小式部内こしきぶのないし

 

大江山にまつわる百人一首にもある有名な歌、高校の古文の教科書にあったような・・・。

思い出しつつ以下を記述。

  • 歌の背景

小式部内侍の母は、平安朝の有名な女流歌人・和泉式部、夫の任地の丹後国に赴き不在。

この時ある歌合で、“七光りの小娘”と小式部内侍を軽んじていた権中納言・定頼から、

「お母上がご不在では、歌合で詠む歌にお困りでしょうね。

お母上の丹後の国にお使いを出しましたか?

お母上にお願いした歌は届きましたか?」

との皮肉に対し、即興で応えた歌がこの歌。

・・・歌の意味・・・

[その1]大江山を越えて の道は 遠すぎて

母のいる天橋立には踏みふみ込んだことすらなく 見たこともありませんよ。

[その2]大江山を越えて通る生野いくのの道ですら あまりにも遠く

母のいる天橋立からのふみは まだ届かないので見てもいませんよ。

当時は、歌を受け取った人は返歌で応えるのが礼儀。

しかし、掛詞で2つの意味を込めた歌の見事さ、即興の早さに、定頼中納言は返歌ができず。

慌てふためき、引き止める袖を払って逃げた人々の嘲笑をうけ、小式部内侍の評判は高まった、

というお話し。

 

例えば会社で、女性新入社員が少し偉そうなオッサンの嫌味に対して、機知と機転でやり込めた、というお話ですかいな。

なんとも痛快で小気味いい逸話です。

 

***** もっと一服 ~ 宮津懐石「山音」にて(3)~ ***** 

 

焼物に継いでの器。

豆腐に万願寺唐辛子に木の芽味噌、ほんのりと懸った粉山椒。

木の芽の薫りと山椒の辛さ、万願寺のほろ苦さに、季節感という調味料が加わります。

以前は、粉山椒ではなく丹波産ハッタイ粉だったそうですが、製造していたお店が廃業し、これといった材料が見つかるまでは、とのこと。

さてさて真打かな?

季節の柏葉の下には、天然ヒラメを道明寺粉で包みタケノコを添え、利かせた出汁での道明寺蒸し。

添えられた香の物は三品、季節の青菜・胡瓜・大根は素材の味を残した薄塩で甘く、サラダ感覚です。

主張することもなく、ごく控えめな脇役に徹しています。

〆には生姜ごはん。

そして生菓子は、黒糖ジェラート抹茶掛け、イチゴに黄身クリーム。

 

②豆富・万願寺:屋上緑化・グリーンビズ・セダム緑化・無灌水緑化・薄層緑化③道明寺蒸し:屋上緑化・グリーンビズ・セダム緑化・無灌水緑化・薄層緑化④生菓子:屋上緑化・グリーンビズ・セダム緑化・無灌水緑化・薄層緑化

⑤ 《豆腐・万願寺の木の芽味噌がけ》   ⑥ 《道明寺蒸し》       ⑦ 《お菓子》

 

さてここ山音のご主人、かの京都・東山は瓢亭で修業し、現在、奥さまと中国・上海にも料理指導

に行かれるようで、和食文化の伝播に努められているようです。

一考すると、取りにくい予約がますます、といらぬ懸念をしてしまいます。

飄々としたご主人ながら、若い頃には人生に迷い、弊社本社のある金沢市にある、これまた老舗懐石

「つる幸」のご主人に相談されたことがあるそうです。

その時食べた「あんころ餅」が美味しく、竹皮で包んであったことは覚えているものの、銘柄が

思い出せない、とのことなので、おそらく松任の「圓八(えんぱち)」とお話ししました。

会社で、松任出身のY.S.君に話すと、心なし鼻高々、嬉しそうでした。

 

この懐石を頂き、感じたことは。

待つ間の期待感、食前の見映えの楽しみ、食中の食材・味覚の楽しみ、食後の余韻の楽しみ、そして

接客の気持ちに触れる心地よさ。

お料理を頂く中には、悠として凛とした時間と贅沢な空間、があります。

懐石は、旬材・素材・心取り、が三原則といわれます。

人として、社会人として、企業人としても、見倣うべき´おもてなし´の極意かもしれません。

お問合せ 株式会社トーケン 環境事業部 TEL:076-291-8153(受付時間 8:30~17:00 土日祝休み)

メールでのお問合せはこちら