緑化ブログ

京都・洛東逍遥、そして丹後紀行・・・大江山 いくの野の道の遠ければ(2)

カテゴリー:その他 タグ:, 2016年05月24日

「天の橋立」は京都府宮津市にあり、約3キロの細長い松林が南から北へと伸びています。

そもそも国生みの神イザナギノミコトは、天にかけた梯子はしごを海に倒してしまい、できたのはこの景観。

天橋立を中央として、東は宮津湾、西を阿蘇の海(内海)というそうですが、確かに海から天に

つながるような風情です。①山上ロープウエイ:屋上緑化・グリーンビズ・セダム緑化・無灌水緑化・シバザクラ

 

この橋立の全貌は、天橋立ビューランド山上から。

ロープウエイorリフトでの往復は430円。

リフトから眼下に見下ろす「天橋立」、その下には屋上緑化「グリーンビズ-G」では、

北陸新幹線・白山車両基地でも植栽したシバザクラ。

山上からの景色もさることながら、橋立には約3キロ弱の松並木。

天気も良く白砂青松の地には、潮の香りと共に心地よい風が吹きわたります。

 

 

 

《山上ロープウエイ》

シバザクラの植栽

歩いて片道小一時間、自転車を借りて約20分。 愛車名は「和泉式部号」、往復400円。

羽衣の松・夫婦松・芭蕉の松、岩見重太郎仇討ちの場、などなど。 所々に謂れいわれのありそうな旧跡。

進んで約5分、海に囲まれているにもかかわらず塩を含まない真水が湧き出す「磯清水」。

古来より不思議な名水「長寿の霊泉」として有名であり、日本名水百選とか。

 

②天橋立・松並木:屋上緑化・グリーンビズ・セダム緑化・無灌水緑化・薄層緑化③天橋立・磯清水:屋上緑化・グリーンビズ・セダム緑化・無灌水緑化・薄層緑化

 《天橋立・松並木》                       《天橋立・磯清水》

 北の果てには、丹後一宮「元伊勢・籠(この)神社」。

伊勢神宮が造宮されるずっと以前から天照大神が祀られ、本殿も伊勢神宮と同じ神明造となっています。

神社のお名前、籠(この)とは不思議な呼び方です。④六芒星:屋上緑化・グリーンビズ・セダム緑化・薄層緑化・無灌水緑化

最近発表された言語学者の論文によると、ポリネシア系言語では「大きな船」

を意味するそうで、そこからの文化的伝播があったのではといわれています。

宮司さんの御名は「海部(あまべ)」さん。

やはり海にちなむお名前で、当代で八十二代目、伝わる系図は国宝とか。

“この”は、 コノ ← コヌ ← カヌー、からの転訛かもしれません。

 

 

 

《六芒星》

またこの神社の古い神紋は、「ダビデの星」とよばれてイスラエル国旗にもある

六芒星(ろくぼうせい)。

ミステリアスな要素がありそうです。

 

***** もう少し一服 ~ 宮津懐石「山音」にて(2)~ *****

 

お刺身に続いて碗物。

薄味の昆布仕立てのすまし汁には、宮津湾から揚がった太刀魚、更にその中にはトロリとした蓬餅よもぎもち

太刀魚に添えられた山椒の葉が、薫り高くすましと魚のお味を刺激し、食をそそります。

焼物は、越中富山のサクラマス。

ソラマメとモヅクを添えて、酢橘すだちをかけて。

ほどほどの塩気に、川魚独特の癖もなく上品な仕上がり。

お塩にもこだわりがあるようです。

やはりここは、吟醸酒あたりでクイッといきたいところを、ノンアルコール・ビールでまた我慢。

 

⑤碗物:屋上緑化・グリーンビズ・セダム緑化・無灌水緑化・薄層緑化⑥焼物:屋上緑化・グリーンビズ・セダム緑化・無灌水緑化・薄層緑化

③  《碗物-太刀魚・蓬餅・葉山椒》                          ④ 《焼物:サクラマス》

 

~~~ 次回(3)に続く ~~~

お問合せ 株式会社トーケン 環境事業部 TEL:076-291-8153(受付時間 8:30~17:00 土日祝休み)

メールでのお問合せはこちら