緑化ブログ

グリーンビズ灯籠に、春の声

カテゴリー:保水セラミックスパネル タグ:, , , , 2018年03月20日

今年の北陸の冬、チョロクはなかった~!  です。

3月に入り、まだ寒い日も続いていますが、街には明るい装いがそこかしこ。

暑いも寒いも彼岸切り

万物が明るく躍動する季節を迎え、ようやく春の訪れです。

J.シュトラウス2世:ワルツ「春の声」

*リンクを開いて、暫し、音声で春をお感じ下さい。

 

さて当金沢本社2Fには、保水セラミックスパネルでいろいろな試みをしています。

無灌水型緑化(セダム・常緑キリンソウ)、低木型緑化、ハーブ類緑化、軌道緑化。

そして、ゲリラ豪雨・洪水などランドスケープの立場からの解決策(Stormwater Management

の一つとして考え、水循環を管理していく「グリーンビズ・ダム」モデルなど、小ぶりながら様々な

展示・実験を行っています。

 

その中にこの春、寄贈によって新たに「グリーンビズ灯籠」を設置しました。

宝珠と笠の部位には、弊社お得意の「セダム」を配して彩りを添えています。

「設置することでどんな機能があるのか?」とは仰せにならず、たまの遊び心もご覧下さい。

東京のお台場にも、同様の展示がありますので是非ご覧下さい。

 

グリーンビズ灯籠

 《グリーンビズ灯籠》

㈱トーケン金沢本社2F パイロットファーム内

 

パイロット・ファームの植物群も未だ冬の眠りから覚めず、暖かくなるこれからが活動期に入ります。

緑の装いに戻るのが楽しみです。

お問合せ 株式会社トーケン 環境事業部 TEL:076-291-8153(受付時間 8:30~17:00 土日祝休み)

メールでのお問合せはこちら