緑化ブログ

グリーンビズを教材に  金沢美術工芸大学

カテゴリー:その他, 保水セラミックスパネル タグ:, , , 2015年07月02日

日頃、お世話になっている金沢美術工芸大学のT教授から

グリーンビズを教材として使いたいとのお話がありました。

対象となる学生さんは油絵や日本画専攻。

ランドスケープを専門とするT先生がどんな講義をするのか、興味津々。

先生にお願いして、講義の様子を拝見してきました。

 

金沢美術工芸大学 グリーンビズ演習1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講義の詳細なオリエンテーションは聞いていませんが、

25センチ角に切断したグリーンビズ基盤(保水セラミックスパネル)を2枚重ねにしたもの(厚さ約7センチ)を使って

箱庭を造るというものだそうです。

 

学生さんたちが自由な発想で製作に取り組んでいましたが…

 

金沢美術工芸大学 グリーンビズ演習4

 

 

 

 

 

 

 

金槌を使って、何やら池のようなものを掘っています。

 

 

金沢美術工芸大学 グリーンビズ演習5

 

 

 

 

 

 

 

 

獅子脅し!

なかなか芸が細かい。完成間近ですね。

 

金沢美術工芸大学 グリーンビズ演習6

 

 

 

 

 

 

 

砂をイメージした塗料を使って…枯山水をイメージしているようです。

 

 

 

身の回りにある素材や大学の周りで採取した植物を使って、箱庭を想像力豊かに創りあげる。

そのベースとして、

植物の生育に適している、しかも加工が容易。

それで、グリーンビズを選んでいただいたようです。

 

先生曰く、海外では日本の盆栽が一大ブームになっているのだとか。

身近なインテリアや芸術品として人気を集めているのだそうです。

 

後日、先生からいただいた写真から…

金沢美術工芸大学 グリーンビズ演習2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金沢美術工芸大学 グリーンビズ演習3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

盆栽と同じようには考えられないかもしれませんが、

「グリーンビズで小さな自然を創造する…」

「グリーンビズにはそんな可能性もあるのでは?!」

学生さんたちの製作を眺めながら、そんな話に花が咲きました。

 

お問合せ 株式会社トーケン 環境事業部 TEL:076-291-8153(受付時間 8:30~17:00 土日祝休み)

メールでのお問合せはこちら