緑化ブログ

ものつくり村から・・・ 【8話】 発泡! ~焼成工程

カテゴリー:保水セラミックスパネル タグ:, 2015年05月18日

こんにちは。

グリーンビズ基盤の製造工場からの便りです。

 

GWが終わったと思ったら、あっという間に「夏日」がやって来ました。

グリーンビズのセダム君たちも益々元気に育っています。

 

今回はグリーンビズ基盤の花形工程「焼成」についてのお話です。

4話から製造工程についてご紹介して参りましたが、少しおさらいをすると、「レシピの

原料調合」、「コシの混練」、「あぶって叩かれる成形・乾燥」の工程を「愉快な面々」と

ともに乗り越えてきた「粘土原板」が、いよいよ「泡構造」をもったグリーンビズ基盤に

変身します。

 

焼成工程では、粘土原板を温度が1,000℃以上ある「焼成炉」の中を通します。

常温から30分程度で1,000℃まで昇温しますので、「粘土原板」に水分が残っていると、

途中で爆発してしまいます。

面々はこの現象を「爆裂」もしくは「爆砕」と呼んでおり、これまでの努力が水の泡

となる瞬間です。

 

「爆砕」を免れた粘土原板が1,000℃の温度帯に達すると、オレンジ色の少し透き

通ったような物体に変化します。

ガラス細工を造るときに、ガラスが飴のようになっているのを見られたことがあると

思いますが、それと同じ状態です。

 

グリーンビズ 焼成

 

ガラスはそのまま透明で密な状態に固まりますが、グリーンビズ基盤はここからが

違います。

オレンジ色の飴状物体の中では、いよいよ「発泡」が始まり、粘土原板の厚みは一挙

に3倍から4倍に膨張します。

まるで宇宙が始まった「ビックバーン」のようですね。

 

「カップ2杯の粘土」と「大さじ1杯のバイオマスケイク」が「微小なミクロンサイズ

の孔が分布した壁」となり、「カップ2杯のスラグ」が「ミリサイズの空洞」を発生

させて、グリーンビズ基盤の内部に「宇宙泡(あわ)構造」とよく似た構造を造り出

しています。

 

さて、「焼成炉」のある工場棟の中はとても暑いです。

冬は「天国」のようですが、夏は「地獄」、とても大変です。

工場では夏場になると大量の「飲料水」と「塩飴」を準備します。

面々はこれを補給して夏を乗り越えますが、ほとんどがやせてしまうようです。

 

やせることを希望している方は、是非「夏のものづくり村」へお越し下さい。

でも、どれだけ汗をかいて水だけ飲んでいても、成長しちゃうこともありますよね...。

 

次回は、「9話 いよいよ製品に ~切断・剥離」です。

シリーズ最終回まであと2話となりました。

みなさま、お楽しみに!

 

関連リンク:

保水セラミックスパネル「グリーンビズ」の特徴

 

お問合せ 株式会社トーケン 環境事業部 TEL:076-291-8153(受付時間 8:30~17:00 土日祝休み)

メールでのお問合せはこちら