緑化ブログ

お江戸今昔 ~ 町屋から山吹の里、両国広小路界隈に ~ グリーンビズは何処に・・・?

カテゴリー:その他 タグ: 2015年07月16日

旧暦では七夕にかけて「文月」、英語ではユリウス・カエサルの生まれ月にかけてJULY、

7月となりました。

この月は、4日のアメリカ独立記念日、14日のフランス革命記念日(往年の世代には、

「パリ祭」とした方が通りいいかも・・・)など、世界史的に熱い事件が目白押しです。

 

全く関係ありませんが、今回のお江戸漫歩は名立たる下町、町屋を出発します。

“町屋はいい町や。”

うろ覚えながら約15年前の京成電鉄のキャッチコピーだったか、このフレーズ、ベタな

文言が嫌みなく伝わるのが町屋。

 

 

《写真》町屋駅-グリーンビズ・屋上緑化・壁面緑化 TRI

 

 

 

 

 

 

 

《写真》都営荒川線・中吊 TRI

 

 

 

 

 

《都営荒川線-町屋駅前》                                                           《荒川線車内の広告~町屋のお店》

※どぜう・なまず・くじら、ナント、迫力三点セットの店!

 

 

この荒川線に乗って、一先ず大塚で御用を、さらに奥の西早稲田に向かいました。

学習院下を過ぎると “面影橋“というなんとも抒情的な名前の都電の停留場がありました。

神田川にかかるこの橋の由来書をみると、平安の貴公子・在原業平 が川面で姿見をしたとか、

諸説があるらしいですが、実に綺麗な名前です。

 

《写真》山吹の里-グリーンビズ・屋上緑化・壁面緑化 tri

《写真》面影橋橋のたもと-グリーンビズ・屋上緑化・壁面緑化 TRI

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《面影橋上から神田川》

 

 

《山吹の里—歌碑—》

また偶然ながら、面影橋のたもとでは有名な、

七重八重 花は咲けども山吹の 実のひとつだに無きぞ 悲しき

の歌碑を見つけました。

一応の由来口上: 江戸城を築いた太田道灌が鷹狩りに出かけた際に雨に合い、近くのうらびれた農家で

雨具として蓑を借りようとしたところ、少女は無言で山吹の花を差し出した。
道灌はその無礼さに怒ったものの、後に古歌を踏まえて「実の」と「蓑」との掛詞を知り、

己の無学を恥じて歌道に励んだ、とも。

「山吹の里」の比定地は、関東各地にあるらしいのですが、今日はここで思いを馳せることにします。

 

 

さてその後は、ずう~っと東、浅草橋方面に。《写真》ダースベイダー-グリーンビズ・屋上緑化・壁面緑化 TRI

JR浅草橋駅を降りると、さすが人形の町。

ウインドウ越しには、こうしたおもしろい

武者人形がありました。

かっこいい!!

 

 

 

 

 

 

《ダースベイダー武者人形》

 

そしていろんな浮世絵にも登場する、江戸の粋、柳橋を通って両国広小路に。

隅田川のこちら西は武蔵国、東の向岸は下総国、この両国をまたいだ橋が両国橋。

近くには、日本三大問屋街「馬喰町」や七味唐辛子で有名な「薬研掘」、今回は素通り。

ご紹介は別の機会に移して、一先ずは筆を置きます。

 

《写真》柳橋-グリーンビズ・屋上緑化・壁面緑化 TRI《写真》両国橋-グリーンビズ・屋上緑化・壁面緑化 TRI

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《向こう側には柳橋を望む》                                                         《両国広小路から両国橋をみる》

お問合せ 株式会社トーケン 環境事業部 TEL:076-291-8153(受付時間 8:30~17:00 土日祝休み)

メールでのお問合せはこちら