緑化ブログ

《北陸故地巡礼》 宇宙からの「信濃の国」・・・自然と水の大切さ

カテゴリー:その他 タグ: 2015年08月27日

先日、国際宇宙ステーション滞在中の宇宙飛行士油井亀美也さんが故郷の県歌「信濃の国」を

披露し、随分と話題になりました。

 

♪ 信濃の国は十州に 境連ぬる国にして

――― しなののくにはじゅうしゅうに さかいつらぬる くににして

聳ゆる山は いや高く 流るる川は いや遠し  ・・・

――― そびゆるやまは いやたかく ながるるかわは いやとおし

 

さすがに教育県、明治時代に師範学校女子部のダンスで歌われたのが初出とか。

長野県民なら誰でも歌えるらしく、松本出身の友人が飲むにつけ折につけ歌うのを聞き、信州の

地理・歴史・人物を織り込んだその勇壮な節回しは、一回聞くと耳から離れません。

 

♪ 旭将軍義仲も・・・皆此国の人にして 文武の誉れ類無く・・・

この「信濃の国」五番の一節の旭将軍・源(木曽)義仲、信州木曽谷から平家追討の兵を起こし、

京都への道を北陸道から上りました。

このため北陸各地にはその史跡が多く残ります。

 

③《写真---源平布陣》グリーンビズ・屋上緑化・無灌水緑化

①《写真---源義仲》グリーンビズ・屋上緑化・無灌水緑化②《写真---義仲奉納・鏑矢》グリーンビズ・屋上緑化・無灌水緑化

《旭将軍・源義仲公像》                                《義仲奉納の鏑矢》                       《倶利伽羅合戦・源平配置図》

富山県小矢部市・埴生八幡宮                          埴生八幡宮所蔵の複製

 

まずは富山県小矢部市の石動駅近くに埴生八幡宮があり、ここで義仲は必勝祈願を行い持参の

鏑矢を奉納し、越中・加賀の国境の倶利伽羅峠で平家10万と対峙します。

源平一進一退の中、義仲は詭計を用い、夜半、500頭の牛の角に松明をつけ、平家の陣に放ち

大混乱した平家軍1万8千余りの兵を地獄谷へと追い落とします。

 

⑥《写真---地獄谷》グリーンビズ・屋上緑化・無灌水緑化④《写真---猿ケ馬場・平家本陣》グリーンビズ・屋上緑化・無灌水緑化⑤《写真--火牛》グリーンビズ・屋上緑化・無灌水緑化

《倶利伽羅峠・平家本陣跡》                  《火牛像—-牛が二頭》                     《古戦場・地獄谷》

中央が、総大将・新三位中将                   牛の角に松明(たいまつ)                  平家はこの底に・・・

平維盛、脇に薩摩守忠度の座所

 

ちなみに牛の角に松明を掲げたらどんな動きをするか、を試した人がいたそうです。

結果はご想像にお任せします。

またこの近くには、北陸道の面影を残した古道、松尾芭蕉・十辺舎一九が立ち寄り「奥の細道」や

「越中道中膝栗毛」でその賑わいを記した「不動の茶屋」跡があります。

芭蕉のこの地での一句

義仲の 寝覚めの山か 月かなし

 

⑦《写真---北陸道古道》グリーンビズ・屋上緑化・無灌水緑化⑧《写真---北陸不動の茶屋》グリーンビズ・屋上緑化・無灌水緑化

《北陸道・古道》                                            《北陸 不動の茶屋跡》

 

※あまり関係ないですが、石動駅には、評判のうどん屋さん、昆布だしの強い汁と柔らか麺

で、いなりうどんは当地では珍しいキザミの関西風。 月見天ぷらうどん一杯430円。

 

また加賀に至っては、ある逸話に沿った故地があります。

~ 倶利伽羅の戦いで大敗した平家軍は、現在の加賀市篠原町あたりで陣を立て直し、決戦を図るものの、

義仲軍を阻止できず、再び敗走。 この中で踏みとどまる武者ただ一騎。

錦の直垂の装いながら名を決して明かさず、義仲の将・手塚太郎に討たれて劇的な最期を遂げる。

首実検の際、義仲配下の樋口次郎が気づき、首を池で洗うと黒髪が白髪に変った。

この人こそ幼子だった義仲の命を助け、木曽谷に預けた義仲の恩人・斎藤別当実盛であった。~

 

この後、義仲は斉藤実盛の残した冑と直垂を小松市の多太神社に奉納し、その供養を弔い、この冑と

直垂は今もこの神社に残ります。

芭蕉は「奥の細道」行脚でここに立ち寄り、この兜を手に取り、地において

むざんやな 甲の下の きりぎりす

・・・その昔、樋口次郎は老将の首を検分し、「むざんやな」と涙したそうだが、

その甲の下では、秋の哀れを誘うように、今、きりぎりすが鳴いている

 

⑨《写真---血洗池》グリーンビズ・屋上緑化・無灌水緑化⑪《写真---多太神社》グリーンビズ・屋上緑化・無灌水緑化

《斉藤実盛の首洗池》                                                  《多太神社》

加賀市・片山津ICの近く                                                     小松市・JR小松駅近く

 

「信濃の国」から派生し、信濃の国から北陸へ、と旭将軍が誘うかのように案内しました。

冒頭の油井さんは取材後に、「長野県は緑も多く、自然を大切にしないといけないと思う。

・・千曲川が流れているが、海に囲まれた日本を見たら水の大切さも感じた」

と結んでいます。

この言葉には、郷土への愛着と自然への畏敬が表れており、つくづく日本人。です。

 

 

****ちょっと一服***

信州と違い、石動駅で紹介したような“うどん文化”の北陸。

水よし空気よしで、美味しい蕎麦屋さんがありました。

石川県能美市にある「手取川竹やぶ」・・・千葉県柏市にある蕎麦屋さんののれん分けとかで、

ステンドグラスの大正浪漫を思わす店内。

サバ節との合せかな?上品なダシとキレのいい蕎麦。  だし巻き卵も絶品です。

 

《写真》冷しにしんそば 屋上緑化・グリーンビズ・壁面緑化《写真》手取川竹やぶ-内観 屋上緑化・グリーンビズ・壁面緑化《写真》天せいろ 屋上緑化・グリーンビズ・壁面緑化

《店 内》                                       《天せいろ》                             《冷やしにしんそば》

大正浪漫な雰囲気                                季節野菜とのコラボ                           なんとも珍しい!

お問合せ 株式会社トーケン 環境事業部 TEL:076-291-8153(受付時間 8:30~17:00 土日祝休み)

メールでのお問合せはこちら